【感想①〜④】庄野潤三「五人の男」オマージュアンソロジー 任意の五

①大合唱

 自分が中学生だったときに、「まさとさんは声が高いから1人だけソプラノね」って言われてなんか嬉しかったのをふいに思い出した。

 自分自身が生徒・学生のときには同じ学校やヨソの生徒・学生が同輩ないしライバル的な目で見えてた。学生生活を終えてからは(着々とその人たちより老いてからは)、少し嫉妬と懐かしさが混ざった目線になって、すぐにただ懐かしくて可愛らしいような目で見るようになった。うら若い人たちを小説で描くときって、あるいは教育実習生として接するときって、どんな感覚なんだろうって思う。

 最近、人に「元気でも元気じゃなくても、いつもの話し方でもあるいはずっと黙ってても、この人がいるってことが嬉しいだに」って思う。マインドフルネスの本を読みすぎたのかもしれないけん、ただBeingしてくれればそれだけでめっちゃいい。

 

②波の五分

 懐かしさってなんだろうって思った。人には、「思い出せないけど覚えてないこと」がいっぱいある。初めてRememberという言葉を速読英単語で知ったとき、「覚えている」「思い出す」という和訳が併記されてた。じゃけん実際には、覚えているけど思い出せないこととか、覚えてないはずなのに思い出されることとかがある。ついぞ思い出してなかったような記憶は、いつも五感によってフィジカルに賦活する。

 ものを修飾するときの比喩やワーディングに「!!!」って惹かれた。

 

③ペンタクル・サークル

 なるべくコンシャスであろうとすることは、前までの「愉快なまあくん」から気難しくて屁理屈をよく言う人になることかもしらん、って思ったことがある。「初めて雑談してるね!」って驚かれたり、「そういう話やめよう」と言われて急いでやめたり、わりといっぱいしてきた。

 それから、選挙活動のビラを候補者たちと配ってたとき。「〇〇党なんていらねえよ」と怒鳴られたことがあったり、他の人は中指を立てられてりしてた。政治家へのテロとか嫌がらせが続いてた時期だったから、比喩じゃなく殺される気がしてた。それから、いわゆるスマートでオシャレな若者がクールに一瞥もせずに去るのが印象的だった。

 この前友達が「マッチョイズムに溢れてる人は、自分のジェンダーやふるまいを考えざるを得ないという経験がない人だと思う」って言ってた。デフォルトマン。

 

④読書メモ「五人の男」はなぜこの順番で並んでいるのか

 その本は、各章の内容も形式も筆致(どこまでが随想でフィクションなのかといった書き手と記述との関係や、「私」と文章との関係)もわりとばらばらなものだった。だけん、雑駁に見えても雑駁じゃないんだと思った。「家族的類似性」!膝を打つ。

 小説だったら短編集、アルバムだったらコンピレーション、DJだったらミックスやプレイ、展示だったらキュレーション、論文だったら学会誌。それぞれ類似性のありようが違うと思うけん、こういう〇〇集というのは、なんとも言えない相互作用を起こすからめっちゃ萌えるなって思う。それは、この本(庄野潤三「五人の男」オマージュアンソロジー 任意の五)も。

 それから、作品間で生じるゲシュタルトだけじゃなくて、作品内で生まれるそれも面白いなと思う。コラージュやコピーペーストやカットアップを用いて何かを作ること。フォールドイン(カットアップの単位がデカいバージョンによる執筆)をすると、その人の無意識が浮かび上がってくると読んだことがある。

 個のなかで、あるいは個と個の間で、もわって似てる感じがすること。それは超面白いことだと思う。